お葬式の料金トラブルを防ぐ知恵

HOME » 知っておきたい葬儀のマナー » 喪主のマナー

喪主のマナー

礼装について

喪主をはじめ近親者、葬儀委員長など、葬儀を行う側はできるだけ礼装を心がけます。葬儀の場では、参列者のお一人お一人と、ゆっくりお話をする時間はありません。身をもって礼をつくすことが、参列してくれた方への礼儀であり、感謝の気持ちを示すことになります。

礼装は、次のようなものになります。まず、男性は、和服を着用する場合、正式喪葬は黒の紋つき袴です。洋服の場合は、できるだけモーニングコート を着用します。ネクタイ・ポケットチーフ・靴下・靴はすべて黒色を身につけます。また、モーニングコートの用意がない場合は、ブラックスーツまたはダーク スーツを身につけて代用してもだいじょうぶです。

次に、女性の礼装です。和服を着用する場合は、黒無地染め抜き五つ紋つきになります。帯、帯揚げ、帯締めは黒色を着用し、半衿と足袋は白でなくて はなりません。洋装の場合は、あまり装飾のないシンプルな黒無地のワンピースで光沢のないもの、あるいは同様のスーツ、アンサンブルを着用します。アクセ サリーは、真珠ならばネックレス、イヤリング、指輪などを身につけても大丈夫です。

男性も女性も、結婚指輪ならどんな素材のものでも、そのままつけていて大丈夫です。

喪章について

喪章をつける目的は、遺族や近親者が喪に服していることを示すためです。お通夜や告別式などで、正式の喪服を着用している場合は、その上から重ねて喪章を着ける必要はありません。

受付を手伝ってくれる人や案内など係員の人には、喪章をつけてもらいましょう。参列してくれる方に、喪主側の人間であることがわかりやすく、問い合わせなどがある場合に受け付けることができます。

 
 
 
適正な葬儀費用で式を行う方法