お葬式の料金トラブルを防ぐ知恵

HOME » 知っておきたい葬儀のマナー » 参列者のマナー

参列者のマナー

服装について

服装については、喪主側の服装ほど正式でなくてもかまいません。男性は、基本は黒のスーツかダークスーツに白いシャツ、黒のネクタイ。靴下、靴も黒。間に合わない場合は、できるだけ近いスタイルで大丈夫です。

女性は、黒無地で光沢のないシンプルなワンピースかスーツ、アンサンブルを目安に。礼装用として売られているものなら間違いないでしょう。ストッ キング、靴、バッグも黒。金具の、目立つものは避けましょう。アクセサリーは真珠のネックレス、イヤリング、指輪などはつけても大丈夫です。

喪章について

喪章は喪主側がつけるものです。喪服ではなく平服で参列した場合でも、一般の弔問客や会葬者なら、喪章を着ける必要はありません。お通夜や葬儀で、受付を担当する人や会場係の人が黒の喪章を腕に巻いているのは、遺族の立場にあるからです。

焼香について

葬儀に参列すると、焼香をします。正しい方法をあらためて確認する機会はそうないと思いますので、仏式焼香の基本的な作法をあげておきます。

まず、数珠を左掌に持って焼香台の前まで進み、祭壇正面、左の遺族、右の遺族に向かってそれぞれ一礼します。親指、人差し指、中指の三本で香をつまみ、額にあげて目を閉じてお祈りし、香を灰の上にに置きます。

祭壇の正面に向かい、両手を合わせて合掌します。左右の遺族にそれぞれ礼をして、参拝客に向き直り、礼をして席に戻るか、出口に向かいます。

宗派によって、焼香の回数も定められています。回数は、以下を参考にしてください。

  • 日蓮宗・・・通常三回
  • 浄土宗・・・通常三回
  • 真言宗・・・通常三回
  • 臨済宗・・・回数にこだわらない
  • 曹洞宗・・・回数にこだわらない
  • 天台宗・・・回数にこだわらない
  • 浄土真宗 本願寺派・・・通常一回
  • 真宗・・・通常二回 香をいただかないで焼香

これはあくまで基本です。会葬者が多い場合、また状況に合わせて回数は減らしても大丈夫。大切なのは心を込めることです。

 
 
 
適正な葬儀費用で式を行う方法