お葬式の料金トラブルを防ぐ知恵

HOME » 葬儀の流れ » 臨終・準備

臨終・準備

臨終から清拭、搬送へ

現在では、亡くなる人の8割は病院で臨終を迎えるといわれています。また、入院してから亡くなるまでの平均的な期間は、約8ヶ月だそうです。

病院などの施設で亡くなった場合、まず「清拭」を行います。これは遺体を消毒したり、穴に綿をつめたりして整えることで、女性の場合には簡単な化 粧も行います。病院の手が回らない場合は遺族が行うこともありますが、ほとんどの場合は看護士が行ってくれ、治療費とは別に後から病院から請求がきます。 このとき、三途の川を渡るためのきれいな浴衣などを用意しておいて着替えます。故人があらかじめ着たい服や着物などがあった場合は、この時までに用意して おきます。死後硬直が進むと、着せ替えるのが難しくなるからです。

また、病院で亡くなると、遺体は霊安室に安置されます。葬祭業者が決まっている場合は、連絡して遺体の搬送を依頼します。このとき病理解剖の有無 を確認し、宗教についても伝えます。これによって、準備の用具が変わってくるからです。葬祭業者が決まっていない場合は、病院詰めの業者に搬送を依頼する ことも可能です。ですが、葬儀まで依頼する必要はなく、搬送代だけを払って引き取っていただくことも可能です。

遺体搬送の際には、人手が必要ですから家族も手伝いましょう。手を出してはいけないということはないのです。病院で清算をすませ、医師や看護士など病院の関係者に挨拶して帰ります。

遺体の安置と納棺について

自宅に搬送する場合、家の中での安置場所を決めておきましょう。冬の場合は暖房を切り、夏は冷房を入れてできるだけ温度を下げ、また薄い布団を用意して寝かせると、遺体の腐敗を遅らせることができます。

納棺は、臨終のときに病院で行う場合もありますが、そうではない場合、いったん自宅に安置したあと、半日後ぐらいに、家族や宗教者が立ち会って納 棺します。一般的には、依頼した葬祭業者が遺体を整え、納棺し、ドライアイスや消臭剤などを入れます。ドライアイスは、24時間ごとに新しいものと交換し ます。

 
 
 
適正な葬儀費用で式を行う方法