お葬式の料金トラブルを防ぐ知恵

HOME » 葬儀費用の基礎知識 » 葬儀費用に含まれるもの

葬儀費用に含まれるもの

葬儀費用は、大きく分けて3つからなる

では、葬儀費用は具体的にどのように構成されているのかを見ていきます。まず、大きくわけて3つと覚えておいてください。

  1. 葬儀費用
  2. 接待費用
  3. 宗教者への謝礼

この3つです。では、ひとつひとつについて、解説してゆきます。まず「葬儀費用」というのは、お葬式の儀式そのものをすすめてゆくためにかかる費 用です。最低限必要なものとして、ホールの使用料、祭壇、棺、骨壷、供花、ドライアイス、事務用品、遺体搬送料、火葬代、事務用品、人件費などが含まれま す。ホール使用料や人件費など、かかる金額が決まっているものと、祭壇や棺など、ランクを選ぶことによってある程度金額を調整できるものがあります。

次に、「接待費用」です。これは、通夜や告別式に参列していただいた人に出す料理や返礼品の費用です。料理とは、通夜ぶるまいや、精進落としのこ とですね。これらは、来ていただいた人の人数によって変わってきます。良心的な葬儀社では、大体の人数を想定して見積もりを出し、多ければ追加、少なけれ ば返金してくれます。

最後に宗教者への謝礼です。これは宗教によっても変わってきますが、お経をあげでもらった僧侶、または神父、牧師、神官への謝礼のことです。菩提寺のある人でそちらに頼む場合は、別手配になりますが、葬儀社に頼んだ場合は、金額を教えてもらえます。

葬儀社によって、見積もりの出し方が違う

これらの費用の見積もりの出し方は、法律で規制されているわけでも、なにかの規則で定められているわけでもありません。葬儀社によって提示のしかたは様々です。この3つが含まれているか、別になっているかをまず判断することが、トラブルを避けるための、第一段階です。

 
 
 
適正な葬儀費用で式を行う方法