お葬式の料金トラブルを防ぐ知恵

HOME » 葬儀費用の基礎知識 » 自社斎場の有無

自社斎場の有無

葬儀社、斎場、火葬場は別に考える

葬儀はめったに行うものではありませんし、とてもわかりにくいものです。わかりにくさのひとつ に、葬儀社と斎場、火葬場の関係があげられます。たとえば、知人のお葬式に出たことがあり、そこが交通の便もよくきれいでいい斎場だったので、その斎場で 葬儀を行いたいと思ったとします。よくある間違いが、斎場に直接電話をかけてしまうことです。

ここで、葬儀社、斎場、火葬場の違いを説明しておきます。

葬儀社とは、葬儀を執り行ってくれる会社です。連絡すれば、遺体の搬送から安置、葬儀の手配、火葬の手配など、葬儀にかかわるすべてを行ってくれます。

また、火葬場とは、火葬炉があって、遺体を火葬するところです。火葬場には、斎場が併設されているものと、併設はされてなく、斎場から火葬場までマイクロバスなどで移動しなくてはならない場合などがあります。

そして、斎場とは、火葬の前に葬儀を行う場所のことです。通夜と告別式、それにかかわる通夜ぶるまいや、精進落としをする場所もあります。斎場に は、公営の貸し斎場と民営の貸し斎場、葬儀社が所有している斎場などがあります。ここで大切なのは、斎場は単なる「場所」ということです。その斎場を使う ためには、葬儀社に頼むことが必要です。

斎場を所有している葬儀社

自社で斎場を所有している葬儀社と、斎場を持たない葬儀社があり、ほとんどの葬儀社は後者です。

つまり珍しいケースとして、自社で斎場を持っているという葬儀社があります。こういった斎場は使用料が少々高くつきますが、自社で持っているからこそできる行き届いたサービスが受けられます。

それに比べて、公営の貸し斎場は、比較的安い料金で借りることができます。もしも葬儀を行いたい斎場がある場合は、その斎場に精通している、その斎場での実績の多い葬儀社を調べて依頼してみるのもいいでしょう。

また、利用したい斎場が葬儀社所有のものである場合は、もちろん、その葬儀社にしか頼めません。

 
 
 
適正な葬儀費用で式を行う方法