お葬式の料金トラブルを防ぐ知恵

HOME » 葬儀費用の基礎知識 » 無駄のない料金で葬儀を行うには

無駄のない料金で葬儀を行うには

故人のため、揉め事は避けたいという心情

葬儀費用は、とてもわかりにくいものです。葬儀を行ったあとで、思ったよりも 高額だったとか、進められるままにうなずいてしまって高いものを使わされたとか、後味の悪い思いをする場合がよくあります。原因のひとつに、大切な人を亡 くして冷静な判断力を失っている心の状態と、それにつけこむ心無い業者の存在とがあげられます。

大切な人を亡くした心情は、計り知れないものがあります。生前にもっとこれをしてあげていたら、ああしていたら死なずにすんだのではと、後悔する 場合もあるでしょう。そういった気持ちから、最後だから、せめて葬儀はできるだけのことをしてあげたいと、考えるものです。それは、人として、また家族を 大切に思う気持ちとして、当然のことです。

そして、そういった心情をよく知っていて、お金儲けに利用しようとする心無い業者がいることも事実です。そういった業者は、「もう最後ですから」 「せめてこれぐらいはやってあげましょうよ」「きっと故人もよろこばれますよ」などとたくみに誘導して、ランクを上げさせてきます。遺族も、こんなときに お金のことを言うのは不謹慎、というきもちになってしまいます。というよりも、させられてしまうのです。

わからないことが多いのはあたりまえ

そういう気持ちは大切ですが、だからといって、無駄なものにまでお金をかける必要はありません。かぎられた中でも、精一杯送ってあげることが、故人への供養ではないでしょうか。

また、葬儀はそんなに何度も行うものではありません。わからないこと、知らないことが多いのは、誰でも当たりまえのことです。詳しく知っているほ うが、かえっておかしいぐらいです。ですから、わからないこと、疑問に思うことは、どんどん質問することをおすすめします。

これは絶対必要なのかとか、こ れはなくてもいいんじゃないの?など。良心的な葬儀社なら、そういった疑問にも、わかりやすく丁寧に答えてくれるはずです。

 
 
 
適正な葬儀費用で式を行う方法