お葬式の料金トラブルを防ぐ知恵

HOME » 起こりやすいトラブル » 葬儀一式は全費用ではない

葬儀一式は全費用ではない

葬儀一式の考え方

葬儀社の予算プランでは、「葬儀一式」という表記があります。そして、この言葉の捕らえ方が、じつは葬儀費用に 関するトラブルの元なのです。葬儀にかかる費用は、大きく分けて3つに分けられることは、説明しました。葬儀費用、飲食接待費、お布施など宗教費用の3つ です。そして、多くの場合、「葬儀一式」というと、飲食接待費やお布施などを含まない、葬儀にかかる費用だけの場合をさすことが多いのです。たいていの葬 儀社が見積もりに出してくる「一式」は、この「一式」です。

一方、葬儀を依頼するほうとして知りたい一式費用は、亡くなって葬儀社に依頼してから、お骨を戻してもらうまで、全体でどれぐらいの費用がかかる か、ということなのです。ここを理解しないで、「葬儀一式すべてをこの費用でまかなえます」と漠然とした説明ですませる葬儀社が多いのです。中にはそう いった依頼する側の心情にのっとって、飲食接待費や僧侶へのお布施までのすべてを算出して、一式費用として出してくれるところや、そういったものがすべて 含まれたプランを設定している葬儀社もあるのです。

できれば項目を確認することが大切

いちばんいいのは、僧侶の手配も葬 儀社にお願いして、お布施や飲食接待費もすべて含んだ料金を「一式」として提示している葬儀社に依頼することです。そうするためには、一式の中に何と何が 含まれているか、もっといえば、飲食接待費や僧侶へのお布施は含まれているのかまでを確認することをおすすめします。

いちばん失敗しやすいのは、葬儀社をたとえばインターネットなどでいくつかピックアップして、ホームページに出ている「葬儀一式」費用を比べてお得なところに頼むといった場合。すべて含まれた本当の一式料金を提示しているとなれば、そんなに安くなるはずはありませんよね。

 
 
 
適正な葬儀費用で式を行う方法