お葬式の料金トラブルを防ぐ知恵

HOME » 起こりやすいトラブル » プランに加算される料金

プランに加算される料金

葬儀費用が跳ね上がるのは、打ち合わせ中

葬祭社と打ち合わせを行っていて、最初に聞いた金額からどんどん上がっていく場合があり ます。というのは、「葬儀一式」プランに設定されている祭壇や柩、献花などのランクが、最低ランクで組まれている場合が多いからです。そうすれば、プラン 一式の予算を安く出すことができますよね。これを「見せかけのプラン料金」と呼びます。打ち合わせを行うとき、この「見せかけの料金」から、いかにひとつ ひとつのランクを上げさせて、料金を上げていくかが、心無い業者が行う手段のひとつです。

こういったことにならないためには、本人の意思がどうであったか、家族がどういう葬儀をしてあげたいか、などをよく話しあうことが大切です。良く ない業者はランクの高いものをどんどんすすめてきますから、送り出す人々の意思と想いを統一しておきましょう。みんなの気持ちが一体となって葬儀をするの でないくては、気持ちの通わない葬儀になってしまいます。わからないことはどんどん質問して、納得のいく打ち合わせをすることが大切です。もしも身内で意 見がわかれたときは、故人の意思や生活姿勢を尊重するとよいでしょう。

終了後に多額の追加料金が

葬儀終了後に、多額の追 加料金が足されている場合があります。これは、飲食接待費、お返し物など会葬者の数により変動するものが、あらかじめ見積もりに含まれていなかった場合に 起こりがちです。良心的な葬儀社は、会葬者の数により変動するものは予測数を出して見積を出してくれます。

また、葬儀を執り行っている最中に、葬儀社が突発的な変更や追加をすすめられる場合があります。これによって、全国葬儀費用の平均が、二百何十万円という事態になってしまうのです。葬祭業者から見積を出してもらったら、説明を聞いて事前に明確にしておきましょう。

 
 
 
適正な葬儀費用で式を行う方法